ヘルプ

JR西日本近畿統括本部 奈良線103系

写真: JR西日本近畿統括本部 奈良線103系

写真: 京王線系統8000系(隅田川花火大会当日) 写真: JR西日本近畿統括本部 湖西線113系

撮影場所:京都駅(京都府京都市下京区東塩小路町901番地)

撮影日時:2014年7月21日(月・祝)午後5時39分頃

撮影地の天気:晴

使用カメラ:Sony Cyber-shot DSC-HX60V

その他:普通列車(各駅停車)の奈良行きである。103系は国鉄時代および東京オリンピック開催前の1963年(昭和38年)からロサンゼルスオリンピック開催年およびつくば科学万博(開催地:茨城県つくば市)開催前の1984年(昭和59年)までの21年間に3,447両が製造された車両で、最初のデビュー路線が現在のJR東日本山手線である。JR東日本のものは首都圏エリアでは2006年(平成18年)の常磐快速線を最後に、それ以外では2009年(平成21年)の仙石線を最後に全車引退、JR西日本のものは2018年(平成30年)9月8日(土)現在では写真の奈良線のみが現役であるが、それも阪和線およびJR東日本からの205系への置き換えが進み、JR線からの完全引退が迫っている。この編成の車体色は京浜東北・根岸線が発祥のスカイブルーで、俳優の児玉清氏(故人。東京都北区出身)が1975年(昭和50年)4月5日(日)の放送開始からJRA東京競馬場(東京都府中市)の「2回東京8日 11R 第6回 ヴィクトリアマイル(G?) 芝・左1600m」(実況:木和田篤)でアパパネ(騎乗:蛯名正義)が優勝した翌日で、東京スカイツリーおよび東京スカイツリータウン(東京ソラマチを含む)の開業を1年後に控えた矢先の2011年(平成23年)5月16日(月)に末期の胃ガンで黄泉の国に旅立つ直前までの36年間初代の司会を務め、彼が黄泉の国に旅立った後から2015年(平成27年)3月29日(日)放送分まではABCアナウンサーの浦川泰幸氏(熊本県熊本市出身)が2代目の司会を務め、同年4月5日(日)放送分からは俳優の谷原章介氏(神奈川県横浜市中区出身)が3代目の司会を務める同局制作・テレビ朝日系列24局ネットのクイズ番組「パネルクイズ アタック25」(日曜日午後1時25分~1時55分)の解答者席の色には無く、同系列の製造メーカーは汽車製造(→川崎重工業)、近畿車輛、日立製作所、日本車輌製造、帝國車輛工業(→東急車輛製造→総合車両製作所和歌山事業所)の各社(主要機器の製造メーカーは東芝、東洋電機製造、三菱電機、日立製作所の4社)である。ちなみに京都駅の有る京都市下京区は、歌舞伎役者の中村芝翫(本名および旧芸名:幸二→橋之助)氏の配偶者である女優の三田寛子氏の出身地である。

お気に入り (15)

15人がお気に入りに入れています

コメント (0)

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。